パーマカルチャーリビングづくりWS (Chattanaの森)

2018/08/19 vol.5

竹スタードームが設計図に沿ってみんなで手を動かしたとすれば、今回はブリコラージュ(その場にある物や状況に合わせて試行錯誤しながらやっていく)でした。

 

現地の風倒木の松丸太を掘っ立てて、梁(はり)や垂木(たるき)は竹で組んでいきましたが、数度となく部材を取り替えたり、違う方法でやってみたりして、一人一人の経験と感性を出し合いながら創っていきました。

 

お昼前から初めて遅めの夕方に出来上がったパーゴラは、それが無かった空間とは全く別の場所になっていて、重力を伴って人が「居れる」ところとなりました。

 

その作用を生み出したものは、柱と覆い棚のチカラもあるけれど、もう一つには創意工夫しながら毎度のごとく楽しく一緒に手を動かした仲間との時間だと思う。

 

みんなで作り上げているこの場はただのアイテムの集合体ではなく、そんな時間の集合体だ。


2018/07/15 vol.4

今回は「パーマカルチャー・リビング」のキッチンシンクの排水を、微生物と
植物で浄化させるバイオジオフィルターを作りました.


人の営みが出した排水中の汚れ(というか有機物入り水)を浄化して大地に返す
いうのもあるけど、排水中にある栄養分を下水道へ捨て去るのは「勿体無い」
手元にある栄養分を身近なところで何回もぐるぐる回そう!ということで、
体温よりも高い炎天下の中、穴掘り土木工事でした。


疲労困憊する作業も集ったみんなとやれば、これが楽しい!ワイワイ言いながら
現地で出た粘土を足踏みして防水層を作ったり、ユンボの試乗会をやったり
しながら、最後は空芯菜とオモダカを植えて素敵な排水処理システムができました。


このキッチンシンクで洗い物をすればするほど微生物が活発にはたらき、
バイオジオフィルター上の植物がよく育ちます。


消費行動が生産行動に変わるパーマカルチャーデザイン、また一つそんなアイ
テムが加わり、徐々に場が充実してきました。


2018/06/24 vol.3

今回は「パーマカルチャー・リビング」のキッチン部分に雨水タンクを作って設置しました。
作ったのは樋から雨水を貯めるただの雨水タンクではなく、「雨水タンク+セルフウォータリングコンテナ+タイヤガーデン」という合わせ技です。


去年の たのしもう!パーマカルチャー菜園講座 食べる 実感講座(カレー編)から引き継いでいる現場「チャッタの森パーマカルチャーガーデン」。


竹スタードーム2基の中ですくすく育っている野菜の菜園部分、ロケットストーブ・シンク・コンポスト・雨水タンクのあるキッチン部分がある中、次回はシンクの排水設備を作って、今後みんなが食事してくつろげるデッキをつくっていく予定です。


秋頃にはここで採れた野菜をみんなで調理してワイワイ食べてくつろぎたいですね。「場所が持つチカラを信じて」今後も集うみんなとくつろいだ時間を共有しつつ一つひとつ手作りでいい場所を作っていきたいです。

 


2018/05/20 vol.2

2つの竹スタードーム内にあるレイズドベッド&曼荼羅ガーデン、それに生ゴミコンポストの機能を利用したレイズドベッドでひとまず菜園スペースはOKということで現在はアウトドアキッチンスペースを整えています。


5年ほど前に解体現場から生け捕りにしたステンレス製のシンク、それに廃材のパレット(物流で使われるスノコ状の台)を利用して、シンク台をみんなで創りました。

 

いつもの経験を通して、これは確実なところですが、パーマカルチャー仲間で一つの目標に向かってみんなで手と頭と口を動かして時間を共にすることは、何ものにも代えがたい満ち足りた感覚を与えてくれます。

 

6月はこのシンクが機能する様にこしらえます。そしてその次はリビング部分です。育み、調理し、食べて、くつろぎ

、還す。そんな一貫性をもった空間をみんなで創って行くその一つ一つが心地よく楽しいです。