━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   「はじめよう!パーマカルチャー菜園 食べる 循環講座 循環講座2018」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1回   

会場となる甲山のハニーガーデン内の菜園に9ヶ月かけて
おいしく、美しい曼荼羅キーホールガーデンを創ります。
はじめましてということで自己紹介。
みんなそれぞれの想いが聴けてよい時間でした。
しかし、いつも感じるのですが、 パーマカルチャー関連で集まる人たちの
安心感、安定感は、 何故でしょう?昼食時にはすでに打ち解けていました。
僕がパーマカルチャーに惹かれる要素の一つとして、 多様性を受け入れる
ことにあるのですが、菜園のみならず、人の集まりも同様に、様々な役割や
人が集うことで一人ではできない事も可能になるのだ と思います。草刈り
もみんなでやればすぐに終わりました。
そして、観察すること。
自然のサインを受け取ることで、方角を知り、気象を優位に利用して無理の
ない栽培をしたりします。梅の花がさいて桜が咲くまでに、味噌を仕込む。
菜の花が咲いたらじゃがいもを植える…植物からのメッセージを受け取って
自然の中で生きるすべを察知して、菜園作りに活かしていきます。
曼荼羅ガーデンは、デザインで、多様性、多重性を生み出し、育てる作物
でお互いを助け合う菜園になります。エッジの位置や通路の傾きや広さな
ども重要な要素となります。次回までに、コンパニオンプランツを応用し
たギルドづくりのアイデアをチームごとに考えてきます。どんな畑になる
のか非常に楽しみです。

受講生:近藤正教(2017-18宮古島PDC卒)
ブログ https://blog.goo.ne.jp/backdrop98