パーマカルチャー10の原則ワーク(2019年度新企画)@多可町 」

new! パーマカルチャー10の原則ワーク
new! パーマカルチャー10の原則ワーク

パーマカルチャーは永続性を創り出していくデザイン体系です。
この講座では、パーマカルチャーのデザイン原則(創設者のビル・モリソンが掲げた10個)を各回1つ選び、そのテーマに沿った講義と場づくりワークショップで学び体験していただけます。デザイン原則には普遍性がありますので、永続的な場づくりやシステムづくりを行う際など、持続可能な視点で物事を判断したり、考える際にはにはとても良い参考となります。
パーマカルチャーデザインの原則を午前の座学で頭に入れ、午後のワークショップで体験する。この講座を踏まえて、デザイン原則を各自応用していただけるように、プログラムを組んでいきます。この企画は今年からのトライアル企画ですので、進めていく中で面白い発見もあるのではないかと思っています。
是非、色々と一緒にご体験ください。

パーマカルチャー10の原則
・多様性・エッジ効果・多機能性・重要機能のバックアップ・小規模集約シス
テム・効率的なエネルギープランニング・生物資源の活用・繋がりの良い配置
・エネルギー循環・自然遷移の加速

日時:2019年3月〜12月の第3日曜日(全10回)

   
時間:10時〜17時
場所 :chattanaの森(兵庫県多可町)
参加費:単発1回/3,500円
※これまでのデザイン・実習・菜園講座卒業生は割引あり
定員:15名
申込〆切:各開催の3日前までに下記のメールへお申し込みください!
お問合せ:percul_kansai@yahoo.co.jp
主催:パーマカルチャー関西
共催:Chattanaの森